子供に与える

歯 ライフ

あなたにお子さんはいらっしゃいますか?

Yesの人もNoと答えた方もいらっしゃると思います。

お子さんがいない方は、想像でも構いません。

子供との関係について考えてみたことはありますか?


子供というのは、生まれた瞬間から

親に与え続ける存在だと思います。

まず、生まれた瞬間に親という立場を与えてくれるんですね。


あなたにもし子供いなかったら

「私は親です」と言っても誰も信じてくれないし

実際あなたは親ではありません。


でも、あなたにお子さんがいらしたら

「私は親ではありません」と言っても

「あなたは、親じゃないですか」と言われます。


今言ったように子供は親に与え続けます。

子供はあなたを信じ続けます。

無償の愛をあなたに与え続けます。


子供とはそんな存在です。

子供に何かを求めるのはやめて

子供に何を与えてあげられるのかを考えてみませんか?


ちなみに、僕が子供に与えてあげられるのは

ただ見守ることだけかも知れません。


いや、まだありました、それは虫歯にならないということ

人間には元々、生まれた時は虫歯にならないって知ってましたか?


娘が生まれる前に

歯科衛生士をしていた友達から教わったことなのですが

離乳食を与えるときのスプーンを親が

温度を見るために口に入れたものを

そのまま使って食べさせることなどで

虫歯菌であるミュータンス菌が感染するそうです。

感染する期間は、3年から5年程度。


それを聞いて僕も妻も

細心の注意を払って子育てしました。


その結果、13歳になった娘は

いまだに虫歯が1本もありません。

多分、この先虫歯で苦しむことはないと思います。


僕が子供に与えられることは

そんなものでしょうか。

これから子育てをする人は

チャレンジする価値ありだと思いませんか。


3〜5年気をつけるだけで

一生虫歯にならないかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました