政府はなぜ、税金を徴収するのか!?

税金の役割 政治

税金 納めていますか?
日本国民なら当然、税金を納めているでしょう。

今や消費税が10%となり
老人から子ども、さらには失業状態にある人も
お買い物をするだけで税金を支払っていますね。

ところで、政府は何のために税金を集めるのか
ご存知ですか?

それは、税金を使って公共サービスやインフラ整備
それに社会福祉充実のための財源確保だろ

そう思っていませんか?

つまり、財源確保のために
政府は徴税していると。

もし、そう考えているのなら
この先も、ぜひ読み進めてください。

まずは税金の役割はについてみていきます。
その役割は主に4つあります。

  1. 通貨の強制
  2. 景気安定化装置
  3. 格差縮小
  4. 政策的なもの

よくわかりませんよね。
では、1つずつ順番に見ていきましょう!

1、通貨の強制(租税貨幣論)

税金を納めるとき、必ず”日本円”でしか納めれません。
これは僕が直接、国税庁の人に確認しました。
ドルでもユーロでもビットコインでもなく
必ず、”日本円”で納める必要があります。

そして、政府も公共サービスや公共事業への支払いを
”日本円”で支払います。

これによって日本国内では、日本円以外の流通が制限されます。
日本国内では否応なく”日本円”を使うことになるということです。

つまり、政府が日本円で徴税と支出をすることで
強制的に日本円を流通させているということです。

2、景気安定化装置(ビルトイン・スタビライザー)

ビルトインですから、埋め込まれた景気安定化装置と
言った方がいいかも知れませんね。

景気の良いときには、税率を引き上げるなどして
可処分所得を減らして、消費を抑えます。
つまり、需要を抑えるわけです。

逆に不景気のときには、税率を下げ可処分所得を増やし
消費意欲を引き出し、景気回復を図ります。

デフレーションやインフレーションをコントロールできる
ということなんですね。

3、格差縮小

所得再分配によって格差を縮小することが目的です。
もちろん、いっぱい稼いだ人からは税金を多くとって
それを低所得者で分けるということではありません。

いっぱい稼いだ人から税金を多くとるわけですが
その税金を使って、低所得者層や国民に向けた
公共サービスや公共事業に支出します。

それによって、格差を是正し社会の安定化を図ります。

超お金持ち層と超低所得者層に2分してしまうと
ナショナリズムが壊れることに繋がるんです。

日本のような自然災害大国では、いつ巨大地震が起きるかわかりません。
そんなとき、国民同士が普段から
いがみ合っていたら、助け合いの精神など生まれると思いますか?

4、政策的なもの

特定の政策を実現するための税制で、環境税の1つである炭素税などがあります。
例えば、地球が温暖化していることが前提ですが
CO2排出量を減らすために炭素税を課したりするんですね。

CO2の排出に対する罰金というようなものですね。
それによって、政府が良いと考える政策を推進していくんです。

消費税ってどうなの?

最後に消費税についてですが
消費税という税制は、
2番目の景気安定化装置という役割を持っていません。

冒頭にも書きましたが
老人から子ども、失業者からも
容赦なく徴収するんです。

炭素税がCO2排出に対する罰金なら
消費税は、消費に対する罰金です。

消費税を上げることで、ただでさえ足りない
消費(需要)が減ることになるんですね。

ここまで、税金の役割をみてきましたが
税金に財源確保という役割はありません。

もちろん、徴税によって集められた税金も
財源の一部にはなります。

ただ、税収がなければ政府は何もできないのか?
というと、そんなことはありませんね。

国債発行という実質的な通貨発行を行うことで
お金を作り出すことができます。

しかも、国債を日本銀行が買い取ってしまえば
返済すら必要なくなります。

でも、日本人の多くは
徴税は財源確保が目的だ。

そう考えているので、
政府(財務省)はそれを利用します。

少子高齢化で国は大変な状態だ
社会福祉充実のための財源として、消費税を上げなければいけない。

こんなレトリックに国民の多くは
まんまと騙されているわけです。

税金の2番目の役割「景気安定化装置」という役割は
景気が良いときは、税率を引き上げ
景気が悪いときは、税率を引き下げる

それによって、景気の安定化を図る
というものでした。

2020年現在、日本は景気が良いんでしょうか?
悪いですよね、デフレですからね。

ということは、税率は上げるべきですか?
それとも、下げるべきですか?

小学生でも分かりますね。
下げるべきです。

でも、国民の多くはそれが理解できていない。
理解できていないから、政府の嘘に騙される。

もちろん、騙す方にも問題はあります。
でも、騙される方にも問題があるんですね。

一人一人が、少しずつでも
経済や政治に興味をもって学んでいけば
きっと日本は経済発展していけます。

デフレによって経済発展していかない国の国民は
将来不安から暗くなります。

将来に希望がもてませんからね。
発展途上国で日本と比較すると貧しい国の人々が
なぜ、幸せそうなのか?

それは、今日より明日の方が豊かになると信じて
将来に希望の光をみているからだと思います。

僕たち日本人は、今日より明日
今年より来年の方が良くなっていく
そう感じられますか?

自分のため 子どものため
そして日本のために、少しずつ学びましょう。


僕はこれからも
誰もが豊かで楽しい社会の実現を
目指していきます。

タイトルとURLをコピーしました