報道のトリック

国際機関 政治

国際機関と聞くとなんとなく漠然としたイメージで

中立的に感じませんか?

実際には中立的でもないんですよね。

それはそうですよね。

国際機関というざっくりしたイメージで考えると

中立的なイメージになりますが

実態は人ですからね。

政府というのも同じ感じで

実態は人です。

更に同じような感じで

国なんかもそうですよね。

でも国も政府も国際機関も

そこに関わっているのは

そこで何かをしているのはすべて人です。

先日、OECD(経済協力開発機構)が

対日経済審査報告書というものを公表しました。

日本の人口減少に対して警鐘を鳴らし

財政の基礎的収支を黒字化するためには

消費税を最大で26%に引き上げる必要がある

という指摘をしています。

他には外国人労働者の拡充なども提唱しているんです。

OECDという国際機関が日本に対して

そんなことを言っているんです。

そう聞いてあなたはどう思いますか?

そうなのかぁ、消費税を上げることは

正しいと国際機関が言っているなら仕方ないなぁ

外国人労働者も受け入れていく

これも正しいんだなぁ

だから今月から出入国管理法が改定されたのかぁ

なんて思ってしまいませんか?

でも、そのOECDの事務次長は河野正道です。

彼は元財務官僚なんですね。

他には

IMF(国際通貨基金)の副専務理事は古澤満宏

彼も財務省出身です。

面白いですね。

OECDがとかIMFが言っている

と聞くと

そうかぁ国際機関となりますが・・・

報道が怖いのはこの辺のトリックです。

気をつけましょう

日本の報道は必ずしも真実を伝えているとは限りません。

タイトルとURLをコピーしました