消費増税のインパクト

政治

政府は2019年10月から

消費税を10%に上げようとしています。

厚生労働省は実質賃金の低迷を隠すため

今後、統計発表を行わいと

実質賃金の低迷を隠蔽しています。

消費増税に対して

補正予算を組んで対策するらしいのですが

その規模が2兆円規模ということで

小さすぎるんですね。

せめて10兆円ぐらいの補正予算を

組んでくれないと・・・・・

出典:藤井聡著「10%消費税が日本経済を破壊する」

ちなみに1995年から2015年までの

20年間の世界のGDPの成長率のデータがあるのですが

トップは中東のカタールです。

サッカー好きの方は

その首都ドーハと聞けばわかるでしょう。

カタールの成長率は

なんと1,968%です。

2位は中国で1,414%

日本はというと

かなりショックです。

最下位というか日本だけがマイナスです。

-20%です。

カタールや中国は所得倍増とかいう話じゃなく

15倍から20倍です。

中国人の爆買い

納得できますよね。

出典:藤井聡著「10%消費税が日本経済を破壊する」

この日本の低迷ぶりと言うか

落ち込みは1997年の橋本龍太郎内閣の

消費税増税5%への引き上げが

トリガーを引いたということです。

このときは3%から5%への引き上げでした。

この10月に予定されているのは

8%から10%です。

これはかなり破壊的なインパクトを

日本経済に与えます。

考えるとちょっと怖いですね。

このまま財務省が進める緊縮財政

消費を落ち込ませる消費増税

こんな政策が進むと

日本は発展途上国間違いなしですね。

すでに日本は経済大国でも

先進国でもなくなっています。

個人的には革命を起こしたいレベルです。

皆さんはどう考えますか?

今の大人世代が真剣に

国の未来について考える時期がきています。

タイトルとURLをコピーしました